ブログ

2012年10月25日

オリジナルスタンプを作ったお話と、ちょっとした想い。

こんにちは。気がつけばquoteも一周年を迎えました。正直、いつからスタートしたのか定かではありませんが(勢いでオープンしたのです、えへ。)そろそろ1年が経ったような気がしますので、気持ち新たにがんばっている次第です。  ”気持ち新た”と言えば、先日、当店のオリジナル判子をオーダーしました。

いつも使っている、お気に入りの消しゴム判子が少し擦れてきてしまいましたので、はなうた活版堂さんにオリジナルのものをオーダーしました。宮崎県にあるこちらのお店は紙ものを得意とする活版印刷屋さん。活版印刷はもちろんのこと、お洒落なペーパーグッズの販売や、オーダーハンコも請け負ってくれます。

「つい彫ってしまうのです。」

早速、ハンコを押してみたところ、紙に吸い付くように心地良くフィット。これは楽しい。ぺっん、ぺったん、調子に乗って、ついつい押しすぎてしまいそうです。このハンコの素敵なところは、ウッドの持ち手。小さな彫りがたくさん入っていて、中央にくびれがあります。指で持ったときに、しっかりと固定できるので、満足度の高い使い心地。1点1点、手作業で、彫刻刀を使って丁寧に彫っているのだそう。お値段がリーズナブルなだけに、申し訳ないほどの完成度です。「この料金でその労力は大変!もう少し高くするか、彫り無しにするかしたほうがいいのでは」と言ってみると、「でもお客さんの嬉しそうな顔を見るのが嬉しくて、つい彫ってしまうのです。」と照れくさそうに笑っていました。

ハンコにこだわる理由。

小さなところから、コツコツと。当店は、「あるといいなー」と思ったものをリストにして、1つ1つ叶えていくようにしています。どうしたら、お客様にもっと楽しい気持ちになってもらえるかな、わくわくしてもらえるかな、と考えながら。できるだけ、手作業や手書きにこだわって。小さなサプライズがあると尚良し。「ぺったん」と少しだけ手間をかけることで、お店からの「ありがとう」を感じてもらえるといいな。かすれた風合いや、1つ1つ違う完成度は、印刷とは違う奥行きをお客様に伝え、想いを形にできる気がするのです。手作りの味わいと温かみ。それを感じさせてくれるはなうた活版堂さんと、デザイナーさんたちの力、そして何よりも、お客様の優しい気持ちをちょちょいとお借りしながら、quoteは明日も進化します。がんばるずぇー

はなうた活版堂

 

 

 

 


打者