ブログ

2012年2月22日

本が読みたくなる、本が楽しくなる「小人のしおり」

遠い遠い国ウクライナから、ちょっと素敵な小人のしおりが入荷しました。

ウクライナから届いた小人のしおり

インターネット特に最近ではソーシャルメディアの普及に伴い,簡単に情報を手に入れることが出来るようになりました。このような「デジタル時代」は新しい読書のありかたを生み、何世紀にもわたって育まれてきた読書や本の文化は今まさに廃れつつあります。そんな中、世界中から集めた、小粋なデザインたち – quoteは本を読むことの大切さ、モノに触れることの歓びに着目し、大人も子供も楽しめるユニークなしおりを販売開始。本に小人がはさまったらどんなに面白いだろう!デザイナーの遊び心から生まれたユニークなインテリアブックマーク。オズの魔法使いからインスピレーションを得てデザインされました。見ているだけでいくらでもストーリーが広がる、奥行きのあるしおりは生活に小さな「わくわく感」をたくさん届けてくれるはず。本が読みたくなる、本が楽しくなる。デジタルから得る膨大な情報とスピーディーな時間と違って、深みと味のある質と時間。読書だからこそ得られる「記憶から流れていかない」確かな知識と想像力。クオートは「紙」の温かさと「読書」の楽しさを広め、今後もたくさんの「ブックの友」をご紹介していきたいと思います。

ウクライナから届いた小人のしおり

ウクライナから届いた小人のしおり

 

※当アイテムはColorful Designなど、各ウェブ媒体で紹介されています。

 

 


打者