quote(クォート)|世界中から集めた小粋なデザインたち。

極寒ドイツの防寒具

Sold Out

[送料無料]ドイツの防寒具 SNOCK ネックウォーマー Grey Herringbone スヌード きつね風エコファー裏地 ユニセックス

販売価格:¥9,900(税込み)

極寒の地、ドイツのベルリンで生まれたネックウォーマー SNOCK(スノック)。Neck(首)とSnocks(靴下)をもじって名付けられました。ロングチュー型で、頭からすっぽりとかぶることで、首だけでなく、口元、鼻、耳元、後頭部を温めることができる極上の防寒具です。ぬっくぬくで幸せな付け心地をご体感ください。

ドイツ在住のデザイナー夫婦が、ドイツの厳しい寒さを耐え抜くべく、防寒性とデザイン性にこだわって作られたハンドメイドアイテム。「ごみをゼロにする」ために「Zero Waste Manufacturing technique」を採用しています。リアルファーの代わりにボアやエコファーを、本皮の代わりにパイナップルレザーを使用し、動物や環境のことも考えてものづくりと向き合っています。

在庫切れ

  • 宅配便

ラッピング可

商品コード: snock-hbfox カテゴリー: , タグ: , , , ,
ブランド
Jaffic
サイズ
平置き 約H47cm×W38cm 、内寸(一周) 約73cm、重さ約301g
カラー
グレー
素材
表地:70%ウール 20%ポリエステル 10%アクリル、裏地:100%ポリエステル
その他
Made in Germany
ユニセックス/フリーサイズ

注意事項

  • 生地とデザインの特性上、くしゅっとした風合いの縫製となっております。生地につっぱりやたるみがあることがございます。
  • 入荷時期によってレザーパネルや紐の色が画像と異なることがございます
  • お洗濯はドライクリーニングをおすすめします
  • パソコンやモニターの環境により、多少色味が異なることがございます

ベルリン生まれの防寒具

こちらはドイツの首都、ベルリンで生まれたユニークなネックウォーマー「SNOCK(スノック)」。

ベルリンは、冬になると日中も氷点下になるほど寒い街。

「寒さから身を守りたいけど、おしゃれも楽しみたい」

ファッション好きの作家夫婦が、防寒性とデザイン性を両立させるため、試行錯誤しながら設計。

2010年に誕生し、以来、世界的にロングセラーとなっている防寒具です。

その名も「SNOCK – スノック」。

「SOCKS(靴下)」と「NECK(首)」をもじって名付けられています。

まるで首に靴下を履いているかのように、ぬくぬくになることから、この名前がつけられました。

世界中の寒がり・冷え性さんから愛されているこの防寒具は、時代の変化にさらされながらも、冬のロングセラーアイテムとして君臨し続けています。

使用する素材はすべてEU圏から調達。

季節によって素材を変えて発表する限定コレクションですので、限られた数量しか入手できない希少性も魅力のひとつです。

ゼロ・ウェイスト

Jafficのものづくりには「Zero Waste Manufacturing technique」を採用しています。

Zeto Waste(ゼロ・ウェイスト)とは、「ごみをゼロにする」ことを目標に、できるだけ廃棄物を減らそうとする活動のこと。

大量生産と大量破棄が経済の主流とされる中で、地球や環境に少しだけ目を向けて。

できるだけゴミを増やさないようにデザイン設計を行ったり、アップサイクル素材を使用するなど、Jafficの製品には作家夫婦のやさしい思いが込められているのです。

スノックって?

さて、そんなSNOCK(スノック)、ただものではございません。

最大の特徴は、そのフォルム。

ロングチューブ型になっていて、頭からすっぽりとかぶることで、首だけでなく、口元、鼻周り、耳、後頭部まで温めることができます。

先端に留め具付きのゴム紐がついていますので、隙間をなくし、冬の冷たい風から身を守ることができる優れもの。

マフラーのようなヒラヒラとした煩わしさもなく、包み込むように温めてくれます。

裏返すとこんな感じ。

「FOX フォックス」と呼ばれる美しいシルバーグレーのエコファーと、「フリース」の二段階構造になっています。

冬毛になったキツネさんがむぎゅっと包んでくれているようなポカポカとした温かさがあり、野性的でラグジュアリー。

表地は美しいヘリンボーン柄、ヨーロッパの織物カンパニー「FABRIC HOUSE」の生地です。

「FABRIC HOUSE」は2006年に設立されましたが、その起源は 19 世紀にさかのぼります。

ヨーロッパ全土の衣料品生地の大手商社「Berner & Sohn Agency」は、家族経営の繊維事業に基づいて設立されましたが、駆け出しのデザイナーは小ロットで生地を買うことがをできなかったため、4代目エージェンシーのオーナーであるMichael Bernerが「FABRIC HOUSE」を設立。

より低い最小注文数量で、高品質の衣類生地を提供できるようになりました。

トラッドで上品なヘリンボーン柄は、ジェンダーレスに、ユニセックスで着用いただけます。

寒がりさんに、冷え性さんに。

「風邪をひきやすい」、「喉を守りたい」方に。

お家やオフィスで「ミニひざ掛け」としてもお使いいただけます。

毛皮やレザーを使用しない

Jafficにはもうひとつ、こだわりがあります。

動物保護の観点から「ファーやレザーを使用しない」ということ。

数年前からパネルの部分には、アップサイクルレザーの代わりにパイナップルレザー「Piñatex™(ピニャテックス)」が使われるようになりました。

「Piñatex™(ピニャテックス)」は、パイナップルの葉の繊維から生成されたヴィーガンレザーです。

※こちらの写真は別のデザインのものです

素材選びから、デザインまで。

JAFFICのこだわりが贅沢に詰まった「SNOCK」コレクションは、あったかいだけじゃない。

見た目も美しく、地球にもやさしいスペシャルな防寒具なのです。

ラッピングをご希望のお客様はご注文フォーム内でお知らせくださいね。




quotejp