ブログ

2012年10月25日

オリジナルスタンプを作ったお話と、ちょっとした想い。

こんにちは。気がつけばquoteも一周年を迎えました。正直、いつからスタートしたのか定かではありませんが(勢いでオープンしたのです、えへ。)そろそろ1年が経ったような気がしますので、気持ち新たにがんばっている次第です。  ”気持ち新た”と言えば、先日、当店のオリジナル判子をオーダーしました。

いつも使っている、お気に入りの消しゴム判子が少し擦れてきてしまいましたので、はなうた活版堂さんにオリジナルのものをオーダーしました。宮崎県にあるこちらのお店は紙ものを得意とする活版印刷屋さん。活版印刷はもちろんのこと、お洒落なペーパーグッズの販売や、オーダーハンコも請け負ってくれます。

「つい彫ってしまうのです。」

早速、ハンコを押してみたところ、紙に吸い付くように心地良くフィット。これは楽しい。ぺっん、ぺったん、調子に乗って、ついつい押しすぎてしまいそうです。このハンコの素敵なところは、ウッドの持ち手。小さな彫りがたくさん入っていて、中央にくびれがあります。指で持ったときに、しっかりと固定できるので、満足度の高い使い心地。1点1点、手作業で、彫刻刀を使って丁寧に彫っているのだそう。お値段がリーズナブルなだけに、申し訳ないほどの完成度です。「この料金でその労力は大変!もう少し高くするか、彫り無しにするかしたほうがいいのでは」と言ってみると、「でもお客さんの嬉しそうな顔を見るのが嬉しくて、つい彫ってしまうのです。」と照れくさそうに笑っていました。

ハンコにこだわる理由。

小さなところから、コツコツと。当店は、「あるといいなー」と思ったものをリストにして、1つ1つ叶えていくようにしています。どうしたら、お客様にもっと楽しい気持ちになってもらえるかな、わくわくしてもらえるかな、と考えながら。できるだけ、手作業や手書きにこだわって。小さなサプライズがあると尚良し。「ぺったん」と少しだけ手間をかけることで、お店からの「ありがとう」を感じてもらえるといいな。かすれた風合いや、1つ1つ違う完成度は、印刷とは違う奥行きをお客様に伝え、想いを形にできる気がするのです。手作りの味わいと温かみ。それを感じさせてくれるはなうた活版堂さんと、デザイナーさんたちの力、そして何よりも、お客様の優しい気持ちをちょちょいとお借りしながら、quoteは明日も進化します。がんばるずぇー

はなうた活版堂

 

 

 

 


2012年10月14日

ワケありなので、スーパー安くします。10月14日21時より販売開始!

ウクライナのユニークアート Mybookmarkより、スマートフォンアクセサリーが登場。  シュールなゾンビの手や、スポーキーな手可愛いリンゴのデザインです。  これは素敵!と数ヶ月も前からオーダーし、入荷を心待ちにしていたのですが、、思いもよらぬ事件が起こりまして。

当店のFacebookページ(参考までにこちら)を購読いただいているお客様なら既にご存知のことかと思いますが、なんと、iPhone5からイヤホンの穴が下に付いていたのです。ぎゃーっ!! これは予定外。

こんなかんじ。
おい、下から出てきてどうする。

上でも若干ジャマかな〜と思っていたのに、下だと「超」がつくほどジャマなのだ。 さらに、だ。

もうひとつ、決定的なデメリットを正直に申し上げておこう。プラグの装着が甘いのです。カチッと装着感がなく、にゅーんとささる感じ。数時間、自慢程度に付けているくらいなら大丈夫そうですが、リアルに常時つけていようと思ったら、全力で守ってあげないと、いつの間にかそっといなくなってしまいそう。

これは非常にまずい展開です。スタッフ2名が24時間iPhoneに装着するというテストを行ったところ、1名の「手」は何とか無事で、1名の「手」はバックの中で行方不明となりました。(後にリップを取ろうとバッグの中に手を伸ばすと、リップの代わりに血だらけの「手」が出てきてギャーと悲鳴をあげたのは懐かしい思い出) 会議の結果、新登場にも関わらず、「この品質で定価売りは無し」という結論に達したわけです。

入荷を心待ちにされていたお客様も多くいらっしゃったので、ワケあり品として赤字覚悟の激安価格でご提供いたします。 その価格、まさかの

【 85円 !! 】

おひとり様、1点限り。 販売は10月14日 21時から。在庫がなくなり次第、販売終了となります。お見逃しなく。

 


打者